2011年5月 | 週間茨城朝日(FPの生活アドバイス)

ホーム > 新聞記事連載中! >余震被害進行、地震保険の再度査定は可能?

余震被害進行、地震保険の再度査定は可能?

Q

地震保険に加入していています。震災で瓦が落ちたり、基礎や外壁にひび割れが生じたりしたので、4月に一度査定に来てもらいましたが、支払いには至りませんでした。その後の余震で損壊の箇所が多くなっている気がするので、もう一度査定してもらうことは可能なのでしょうか。 
神栖市 女性(62歳)


A

結論から言うと再査定は可能です。
1度来てもらったらからもう終わり、と思っている方も多くいらっしゃるのではないのでしょうか。

査定に納得がいかない場合や、余震で「こんなところにもひびが入っている」など、新たに気付いた損壊がある場合、再査定のお願いを希望されるのがよろしいかと思います。  

査定のポイントとしては
①査定の際には必ず本人が立ち会う、
②査定内容を、理解し、納得できた上で署名・捺印に応じることが大切です。

地震保険に加入しているのに「大した被害ではないから」と、保険会社の連絡していない方もいらっしゃるかもしれません。
 
しかし、プロが良く見てみると、入居者に分からないようなひびなどを見つけてくれて、「一部損(5%)の支払いとなりました。」なんて実例があります。

1箇所でも損壊部分を見つけたら、とりあえず保険会社か代理店に連絡することをお薦めします。

ファイナンシャルプランナー 芝間 美喜夫

スタッフ一同

弊社代表の本が販売中!

FMぱるるんでオンエア中!

新聞記事連載中

最新号ニュースレター