2011年3月 | 週間茨城朝日(FPの生活アドバイス)

ホーム > 新聞記事連載中! >地震保険は付加しておこう

地震保険は付加しておこう

Q

今回の地震で、家の窓ガラスが割れ、屋根瓦が落ちました。薄型テレビも倒れて壊れてしまいました。火災保険で補償されるのですか。
日立市 男性(60歳)


A

今回の地震による被災者の方々、心からお見舞い申し上げます。

保険の仕組みを説明しますと、居住用の建物に対しての「火災保険」「家財保険」があります。そして、これらに地震保険を付加するか、しないかです。

 実は、震災に遭った時の被害には、普通の火災、家財保険では保険金の適用がありません。
今回のような地震に対する被害は、地震保険に入るしか補償はないので、地震保険を付加してなければ一切保障対象外ですので、自費で修理するほかありません。

もし地震保険を付加していたとしても、地震保険は加入が出来る保険金に限度があり、全損、半損、一部損など補償もまちまちです。
 店や工場、事務所については、地震保険は付加出来ないのが一般的です。
「店舗総合保険に加入しているから地震の被害でも大丈夫」「お店のものが棚から落ちて壊れた」などは実際ほとんど補償されません。補償内容など詳しいことは、各保険会社の担当者にお聞きすると良いでしょう。

 こんな時こそ日本人の道徳心、助け合いの精神、そして茨城の負けん気で乗り切っていきましょう!出来ることから一つひとつやっていきましょう。

ファイナンシャルプランナー 芝間 美喜夫

スタッフ一同

弊社代表の本が販売中!

FMぱるるんでオンエア中!

新聞記事連載中

最新号ニュースレター