2010年6月 | 週間茨城朝日(FPの生活アドバイス)

ホーム > 新聞記事連載中! > 車両保険は内容の確認を!

リスクをカバーするのが保険です

Q

保険の見直しをしようと思って、自分の保険の確認をしました。すると、入院時の医療保険を2社で加入していました。もし、入院した場合、2社同時に入院費を請求出来るのでしょうか。また、死亡した場合も保険金が、両者から支払われるのでしょうか。

日立市 男性(52歳)


A

生命保険は火災保険などと違い、加入した保険会社それぞれに請求して加入内容通りの保険金が支給されます。例えば、医療保険で「入院日額1万円(日帰り入院から)」という内容の医療保険を3社に加入するとします。10日間入院したら、3社に請求すると各社から10万円ずつ、合計30万円支給されます。

死亡保障も同様で、加入社数分、保険金が支給されます。
ただ、保険はリスクをカバーするもの。健康保険の自己負担分は何割なのか、高額療養費の制度とはどんなものなのか、それらを把握しましょう。そして必要な分だけ加入されるとよろしいかと思います。

今の医療保険は「先進医療特約」が付加出来る保険会社も増えてきました。先進医療は全額自己負担です。ガンの重粒子線治療などは300万円以上もかかります。「先進医療特約」は、先進医療費を保険会社が実費分払ってくれる特約です。医療保険に加入を考えている方はこの特約を付加されることをお薦めします。

株式会社IFP 芝間 美喜夫

スタッフ一同

弊社代表の本が販売中!

FMぱるるんでオンエア中!

新聞記事連載中

最新号ニュースレター