2008年8月 | 週間茨城朝日(FPの生活アドバイス)

ホーム > 新聞記事連載中! > 子供のケガ、賠償責任は学生総合保険で十分ですか

子供のケガ、賠償責任は学生総合保険で十分ですか

Q

小学4年生と2年生の子供がいます。子供の事故や賠償責任が心配です。学校で保険に加入していると思うのですが、十分でしょうか。

水戸市 女性(37歳)


A

多分ご加入されているのは学生総合保険でしょう。団体加入で割安かとは思いますが、大きなケガや事故には不十分だと思います。学校によって保障の内容が多少違うと思いますので、1度内容を確認されることをお勧めします。おおよそ次のことをチェックしてください。

 お子様のケガは

1:24時間保障されているか
2:保障の内容はどうか(どういった場合にいくらの保障があるのか、金額の上限はあるかなど)

 賠償責任の注意点は

1:家族全員保障されているか
2:示談交渉を保険会社がやってくれるのか、などです。

 リスクはいろいろなところに潜んでいます。自動車に乗っていて他人にケガを負わせ、相手が寝たきりになってしまった場合など、数千万円かかってしまうこともあります。友達の家に遊びに行って、液晶テレビの画面を傷つけたり、他人の車を傷つけてしまうようなど、高価な物を壊した場合数百万円、数千万円かかってしまうようなケースも潜んでいます。そこの部分だけはしっかりと押さえておきましょう。

 自動車保険や火災保険に「賠償責任」を特約で付加することができます。こちらはほとんどの場合、対象が家族全員、示談交渉も保険会社がしてくれるので安心です。



株式会社IFP 芝間 美喜夫

スタッフ一同

弊社代表の本が販売中!

FMぱるるんでオンエア中!

新聞記事連載中

最新号ニュースレター