2008年6月 | ベターライフ(独立系FPによるマネークリニック)

ホーム > 新聞記事連載中! > 貯蓄が最大の保険必要な保障機能だけに加入

貯蓄が最大の保険必要な保障機能だけに加入

Q

入院に関する保険を見直しています。何かおすすめはありますか?

水戸市 会社員 31歳 男性


A

医療保険に加入する際に必ず守って欲しいことがあります。それは「商品選びをしないこと」

本来の目的を忘れて、たくさんの商品カタログを見始めると、必要のない保障機能まで欲しくなって、つい割高の保険に加入してしまったりします。公的な健康保険制度や、預貯金で賄うことが困難な状況が想定される場合に保険の必要性が生じてきます。

保険は金融商品ですから、「入院」「手術」「死亡」等の事実が発生したときに「お金」がおりてきます。ということは、「お金」がたくさんあれば、保険に加入する必要はありません。

「貯金が最大の保険である」という意味合いはここにあります。余分な保険料を削減して、貯蓄を殖やすことが最も重要であるという考えは、常にお持ちになってください

その上で、ご自分にとって本当に必要なものは何なのかを、ご自分なりの物差しを持って検討しましょう。医療費の補填の為?休業補償?あなたは自営業ですか?会社員ですか?高額療養費制度や傷病手当金等の公的な保障もきちんと考慮しましょう。ちなみに先進医療で払った実費を1000万まで、ナント月額保険料1000円以内で保障してくれる医療保険もあります。



株式会社IFP 寺岡 正文

スタッフ一同

弊社代表の本が販売中!

FMぱるるんでオンエア中!

新聞記事連載中

最新号ニュースレター