2008年2月 | ベターライフ(独立系FPによるマネークリニック)

ホーム > 新聞記事連載中! > 原点にたち返り保証内容・目的を確認

原点にたち返り保証内容・目的を確認

Q

うちに来る保険の営業担当の方はとてもいい人で、今では家族ぐるみのおつきあい。
契約更新のたびに最新の保険商品や、加入している保険でも内容をあつくした方がいいものについて親切に説明してくれます。信頼しているので生命保険や医療保険など各種保険すべてお任せしています。
ただ、夫婦で加入した保険料がトータルで10万円を超え、少々、家計を圧迫しはじめました。相談すると担当の方は「すべて必要な保険です」と言います。見直した方がいいですか?

水戸市 主婦 28才


A

昨今、「保険見直し」と言う言葉が、日常的に遣われるようになりました。あたかも家計の改善の為には保険料を安くすることが最善の方法のように言われていますが、安易に解約すれば良いってものではありません。原点にたち返って考えてみましょう。

遺族の生活を支えるための、大切な経済的裏づけが生命保険です。しかし、月額10万円は…その保険料は、あなたの家庭に本当にあっているのでしょうか?きちんとライフプランを作成して、必要な保障額を理解し、根拠が明確になってた上で加入している弊社の顧客の皆さんは即答できますよ(笑)。「合っています」と。

ちなみに28歳の男性ならば、終身保険1000万プラス1億円の保障を付けても月額24200円です。余分な保険料は貯蓄に充当すべきですね。いつもお話しているように「貯蓄が最大の保険」です。


株式会社IFP 寺岡 正文

スタッフ一同

弊社代表の本が販売中!

FMぱるるんでオンエア中!

新聞記事連載中

最新号ニュースレター