2008年1月 | ベターライフ(独立系FPによるマネークリニック)

ホーム > 新聞記事連載中! > 必要な保証をよく見極めて、加入を検討

必要な保証をよく見極めて、加入を検討

Q

私は間もなく70歳になります。体のことやら何やら考えた末、シニア向けの保険に入ろうかと思っています。終身保険や、入院保険などいろいろあるようですが、高齢者向けの保険としては、どんなものがオススメですか?また契約に当たっては、どんなことに気をつければ良いですか?

笠間市 無職 69才 男性


A

「シニア保険」になぜ加入しようと思いましたか?「何やら考えた末」とのことですが、その保険が本当に必要なのか?個人の事情により千差万別ですから、一概に言えません。従って「オススメ」と言われてもお答えできませんが、シニア保険の概略と加入の際の注意点をお話します。

シニア保険とは一般的に、50歳以上を対象にした、簡単な手続きだけで加入できる保険のことで、「無選択型」とも呼ばれ「年齢を理由に保険の更新ができなかった」「申し込んだ保険で、健康上の問題などで断られた」など、保険に加入することが難しくなったシニア世代から注目を集めています。

死亡保障型と、医療保障型がありますが、この保険は、加入しやすいというメリットがある反面、リスクが高い人向けの商品なので、一般の保険よりも保険料は割高です。

また、死亡保障型の場合、保険料の払い込みは生涯続くのが主ですが、入った時期によっては払った保険料の総額が死亡保険金を上回る可能性も考えられます。保障対象外の病気もあるため、自分に必要な保障をよく見極めたうえで、加入を検討する必要があります。


株式会社IFP 寺岡 正文

スタッフ一同

弊社代表の本が販売中!

FMぱるるんでオンエア中!

新聞記事連載中

最新号ニュースレター