2007年10月 | ベターライフ(独立系FPによるマネークリニック)

ホーム > 新聞記事連載中! > 証券会社と銀行で違うの?

証券会社と銀行で違うの?

Q

投資を考えているのですが、投資信託は手数料がかかります。手数料の掛からない投資ってありますか?また、投資をするとき証券会社と、銀行とではどんな風に違うのですか?

水戸市 会社員 32才 女性


A

現在ノーロード型投信(販売手数料がなし)というものも、現実ネット証券などでありますが、投資信託は販売手数料だけがコストではありません。信託報酬というコストが皆さんの目に見えない形でかかっております。これは保有している限りかかります。

一般には投信を運用している会社と、信託銀行と、販売会社の三者に振り分けられるコストです。ノーロード型投信も、ぱっと見、費用がかからないように見えて、その分信託報酬が多めという商品もありますので要注意です。

証券会社と銀行とでは、どちらがどうという比較は、一般にはできないと思います。投信自体、販売会社が破綻しても資産が保全される仕組みとなっておりますので(分別管理)「証券会社より銀行の方が安全ではないか?」という理屈も当てはまりません。

やはり会社というより、どんな種類の投資信託が自分にあっているのかを親身になって一緒に考えてくれる担当者の人柄や、資質の方が金融機関を選ぶうえで重要なポイントなのではないのでしょうか。


株式会社IFP 寺岡 正文

スタッフ一同

弊社代表の本が販売中!

FMぱるるんでオンエア中!

新聞記事連載中

最新号ニュースレター