2007年9月 | ベターライフ(独立系FPによるマネークリニック)

ホーム > 新聞記事連載中! > 各種保険一つの会社でまとめた方が得?

各種保険 一つの会社でまとめた方が得?

Q

いろんな保険会社がありますが、生命保険とかガン保険とか各種の保険は、ひとつの保険会社でまとめて(セット?)入った方がいいですか?それとも、それぞれの保険を別々の保険会社で入った方がいいのか、どっちがお得ですか?

ひたちなか市 パート 女性 30才


A

一つの保険会社でまとめて加入すれば、書類も必要最低限ですみますし、担当者も一つの方ですから話もしやすいと思います。

ただ保険会社の中でも、「目玉商品」的なものは確かに存在しますから、一つの保険会社に契約をまとめてしまうと、複数の会社の、「割安な掛け金の保険を組み合わせて加入する手法」と比較すると、保険料が若干割高にはなります。

しかしそれも契約者の好みや、総合的な判断になりますから一概に言えません。「どっちがお得か?」を、保険料だけで判断することは難しいです。

保険商品には、それぞれ特徴があります。それは死亡保障であり、入院すると保険金が支払われる医療保障であり、将来は年金として役に立つもの、満期時に資金が使えるもの等、様々です。

保険は金融商品ですから、それなりの機能は必ず付いています。肝心なことは、その機能が「あなた」と「あなたの家族」の事情と目的と希望に合致しているかどうか?ということなのです。
現実的にすべての保険会社の商品を調べて、保険を契約することは、気の遠くなるような作業でまず不可能だと思います。

ですから、保険の担当者のアドバイスを受けるわけですが、是非その担当者の方と、お互いに納得するまで、話し合ってください。文字通り「親身」になって相談にのってくれる担当者ならば、きっと良い考えが浮かぶと思います。

保険に良い、悪いはありません。ただ、現在加入されている保険の本当のメリット、デメリットをきちんと理解されて加入されている方は非常に少ないのは残念ながら事実です。
保険契約は「加入して終わり」ではありません。いつか「保険金」という商品が、受取人に届けられるまでの、長い長いおつきあいの始まりが「保険に加入する」ということなのです。

保険契約は「保全がすべて」という言葉があります。昨今の保険金不払い問題に端を発した生損保業界への不信感は、この大前提をおざなりにした、保険業界への警鐘なのかもしれません。消費者の方の厳しい「選別の目」と、この仕事に携わる人間の「人格向上」が求められているのではないでしょうか?


株式会社IFP 寺岡 正文

スタッフ一同

弊社代表の本が販売中!

FMぱるるんでオンエア中!

新聞記事連載中

最新号ニュースレター