2016年5月 | 週間茨城朝日(FPの生活アドバイス)

ホーム > 新聞記事連載中! > 医療保険の他にがん保険は必要なの?

医療保険の他にがん保険は必要なの?

Q

 医療保険に加入しているのですが、保険の担当者からがん保険の加入を勧められました。医療保険の他にがん保険は必要なのでしょうか?

水戸市 48歳 女性


A

 保険料の支出も増えるので悩むところですが、がん保険の必要性をイエスかノーかでお答えは出来ません。人それぞれ環境も、考え方も違います。今の社会保障制度や、がんの治療法も理解し、り患した時に家計はどうなるか、精神的にどうなるか、どんなことにお金が掛かるか、考えてみてください。

 がん保険は、治療費のために加入される方もいますが、私は「生活の質」を落とさないため、元の生活に戻すために加入すると良いと思います。

 今のがん保険の内容は診断給付金といって、がんと診断されたら、100万円とか200万円が支払われるタイプが主流になってきています。特約を付加すれば高額な先進医療も賄えます。
 先日、「がんになっても治療をしない」という方ががん保険に加入しました。何のため加入したと思いますか?「がんになったらやりたいことを思う存分やりたい。旅行もいろんなところに行きたい」という理由でした。

 貯蓄があり、仕事が一定期間出来なくても、高額な治療が家計に影響のない方には不要かもしれません。保険会社によって商品内容が様々ですので、ご自分のニーズに合った商品を選んで加入してください。

ファイナンシャルプランナー 芝間 美喜夫


スタッフ一同

弊社代表の本が販売中!

FMぱるるんでオンエア中!

新聞記事連載中

最新号ニュースレター

144_1.htmlへのリンク