私たちの活動をご案内します!

しゅんしゅん

昼間の小児病棟はとてもにぎやかです。
とても小児ガンで苦しんでいる子供たちの病棟とは思えないぐらい。

そして小児病棟には絶対守らなければならないルールがあります。

親は絶対に病室で泣いてはいけない

夜明かりが消えて、子供たちが寝静まると
両親たちが顔を枕に押し付けて、声を押し殺して泣くのだそうです。

痛い思いをさせてごめんね。苦しいよね。
あんな痛い注射を打つお医者さんってひどいよね。

目の前で病魔に苦しむ幼いわが子の苦しみを、できれば親の自分たちが代わってあげたい。
塗炭の苦しみとはこういうことをいうのでしょう。

しゅんしゅん」というひとりの男の子がいました。

しゅんしゅんは目の裏側、脳の前頭葉の部分にできるガンで、摘出が不可能でした。
放射線治療も間に合わず、とうとう目が変形してしまいました。

親は夕方になるとカーテンを閉めます。
反射してしゅんしゅんの顔が写らないようにするためです。
そして部屋の中のありとあらゆる鏡は撤去しています。

それでもある日看護婦さんが持っている手鏡をみつけたしゅんしゅんは、
その手鏡で自分の醜く変形した目を見てしまいます。
看護婦さんもうっかりしていたのでしょう。
でもしゅんしゅんはにっこり笑って看護婦さんにこう言ったそうです。

ありがとう。
でもこの鏡を見てしまったことはママには内緒にしていてね。

なんという、けなげな子でしょうか。

自分の顔を見たショックよりも、親の気持ちの方を思いやるのです。

亡くなる前日に、いつもは聞き分けの良いしゅんしゅんが
お母さんに何度も何度もぐずったそうです。

ねぇ、ママ。僕の病気は治るの?
僕は大人になってお巡りさんになりたいよ。
なれるよね?
僕大人になりたい。

そう言って泣いた翌日、彼は天使になりました。
しゅんしゅんは自分の最後を魂のどこかで感じ取っていたのかもしれません。

両親の慟哭、嘆き悲しみようは尋常ではなかったそうです。
人一倍やさしかったあの子がなぜこんなに苦しんで死ななければならなかったのかと。
わが子に先立たれる親の悲しみほどつらいものはないでしょう。

しゅんしゅんは大人になることが夢でした。
私たちは労せずしてしゅんしゅんのなりたかった大人になっています。

でもせっかくの人生を大切に生きているでしょうか?

人からしてもらうことを当然のようにして受け取り、不平や不満を口にしては
感謝の気持ちも表さないでいて、私は満たされない、つまらない、死にたい
と言う人がなんと多いことか。

今生きていること、
おいしいご飯が食べられること、
愛する家族といられること、
仕事があること、
友人がいること、
健康で一日無事に過ごせること

すべてが奇跡のようにありがたいことなのです。

関連記事一覧

相互リンク

PAGE TOP