私たちの活動をご案内します!

民謡における芝間美喜夫のプロフィール

★茨城県水戸市生まれ
★中学時代はギターを弾いていたが、父が民謡を教えていた影響を受け、16歳から細竿三味線を始める。
★23歳で津軽三味線を始める。

★全国郵政民謡大会「篠山木挽き唄」で優勝
★NHK日本民謡フェスティバルに「篠山木挽き唄」で出場
★日本民謡協会茨城県連合大会「磯節」で優勝
★都々逸全国大会優勝

★津軽合奏団KAZEのメンバーとして、コンサート活動
国内はもとより海外16カ国で公演活動
・フランスで演奏
・インド・パキスタン・バングラディシュ公演
・ペルー・ジャマイカ・アメリカ公演
・カタール公演
・エルサルバドル・カナダ公演
・南アフリカ・ケニア・セネガル
・UAE公演
・インドネシア公演

★民謡歌手大塚文雄専属伴奏
★サックス奏者松本英彦さんと共演など

昭和60年
細竿三味線 藤本 秀由碧(ふじもと ひでゆうへき)の名を許される
民謡 芝間 秋碧(しばま しゅうへき)の名を許される
平成7年
津軽三味線  高橋 紀美朗(たかはしきみろう)の名を許される
平成26年
父の後を引き継ぎ、芝間靖秋の名を許される。
同時に靖秋会会主となる

★資格
津軽三味線 高橋流師範
三味線   藤本流師範
公益財団法人日本民謡協会認定 民謡師範教授
公益財団法人日本民謡協会認定 三味線教授
公益財団法人日本民謡協会認定 少年少女指導員

★主な活動
・津軽三味線グループ「KAZE」のメンバーとして世界16カ国公演や国内公演活動。
・老人ホームなどで慰問活動
・公民館「寿大学」講師など
・「梅まつり」などイベントのアトラクションなど

関連記事一覧

相互リンク

PAGE TOP